ミッフィーと行くヨーロッパ感動の旅:18日目

美しい運河の街アムステルダムは、夕暮れがロマンチック

ゴッホが描いたアルルの跳ね橋は、このマヘレの跳ね橋を懐かしんで描いたそう ゴッホが描いたアルルの跳ね橋は、このマヘレの跳ね橋を懐かしんで描いたそう
 

いよいよこの旅の最後の国、オランダへ。今日は、アムステルダムに到着しました。
アムステルダムは運河の街。アムステルダムは現代もたくさんの運河が残っていて、「アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域」は世界遺産に登録されています。

小型ボートに乗って休日のひと時を過ごしているカップルや仲間たち……彼らの楽しそうな姿を見つめながら、ロマンチックな世界に浸ってしまいました。

ゴッホの作品は、たしかこんな角度だったかな~!? ゴッホの作品は、たしかこんな角度だったかな~!?
 

宿泊先も、運河沿いに建つホテルをチョイス。ハンプシャーホテル プリンセングラハト (Hampshire Hotel – Prinsengracht)は、部屋の窓から見える運河沿いの建物に、夕暮れになると灯る明かりが水辺に映えて、とても幻想的でした。

可愛らしい佇まいのホテルエントランス 可愛らしい佇まいのホテルエントランス
 
客室の窓からの光景。明かりが灯りだした夕暮れ時 客室の窓からの光景。明かりが灯りだした夕暮れ時
 

アムステルダム(オランダ)

KLMオランダ航空でアムステルダム(オランダ)へのフライトを今すぐ検索!
美しい運河の街アムステルダムは、夕暮れがロマンチック
旅ブログを読む